結婚記念日の基礎知識

日本人の食生活は昔から比べて、どんどんと欧米化が進んでいる状況で、お米の消費量は減少していく傾向にあります。これは生活習慣につても、いろいろな欧米の生活習慣が定着していき、様々な所にその傾向が見られます。

もともと行われていなかった、結婚記念日のお祝いも欧米の生活習慣で、日本になかった習慣が定着しつつあります。
結婚記念日に贈るプレゼントは、毎年考えなければなりませんが、他に誕生日などプレゼントを贈ることを考えると、経済的にたいへんなことです。プレゼントは金額よりも心のこもったものが喜ばれるのはもちろんのことですが、なかなか思い付くものが見当たりません。
予算をかけた高価なものでなく、メッセージだけでも素晴らしいプレゼントになります。

結婚記念日に贈るプレゼントをいくつかご紹介します。
結婚記念日は夫婦が結婚した日を祝う記念日ですが、夫婦ふたりがはじめて家族になった記念日でもあります。つまり、家族の始まりの記念日です。

多くの夫婦は結婚式を挙げた日を結婚記念日にしていますが、どの日を記念日にするかは特に決まりはありません。結婚式を挙げた日の他に、ふたりが入籍をした日やプロポーズを受けた日など、ふたりの中で思い出になる日がよいと思います。入籍をした日なら戸籍に日付の記録が残ります。神前の結婚式なら、婚姻を誓った日もふたりの記念の日になります。

結婚記念日には、記念日を迎える年数によって呼称(呼び方)があります。特に有名なものですと、結婚25周年目の銀婚式や50周年目の金婚式が有名です。
この結婚記念日の呼称にはそれぞれに意味があります。この意味について1周年目の紙婚式から10周年目の錫婚式までをご紹介します。

この結婚記念日の呼称にはそれぞれに意味があります。この意味について11周年目の鋼鉄婚式から60周年目のダイヤモンド婚式までをご紹介します。

結婚記念日は夫婦が結婚した日を記念にお祝いする、夫婦にとって大切な記念日です。多くの夫婦は結婚記念を結婚式を挙げた日にしますが、中には入籍を済ませた日や、夫婦どちらかの誕生日が近い場合はその日を結婚記念日にしています。

結婚記念日も最初はふたりで祝いますが、やはり子供が増えて家族が多くなりますと、ふたりで祝うことも難しく、また、子供中心の記念日も増え、結婚記念日の存在が薄くなってきます。

結婚記念日を祝うという風習はもともと日本にはなく、イギリスで結婚年数に応じた呼び方があり、その呼び方にあるものをプレゼントした習慣がありました。
結婚記念日にプレゼントするイギリスの習慣を取り入れられたのは、明治天皇が明治27年に、結婚25周年である銀婚式のお祝いをされたことで、今日、日本でも定着しています。

当サイトでは、Adsense広告のあるサイトや外部サイトの閲覧状況に応じて、ユーザー様に興味のある広告を配信しています。
詳しくはこちら(興味/関心に基づく広告-AdSenseヘルプ)をご覧ください。       結婚記念日プレゼント
▼両親やパートナーには、ふわふわの『パジャマ』を
お世話になっている両親やパートナーには、あったかくてふわふわの『パジャマ』がおすすめ。
予想外の心温まるプレゼントは、きっと喜んでもらえますよ!

このサイトを購読する

お問い合わせ

このサイトに関するお問い合せや
相互リンクについては
info◇advancetop.net
までお願いします。
(◇マークを@に変更ください。)

 

RSS登録