結婚記念日の基礎知識

スポンサードリンク

結婚記念日のプレゼントの予算

日本人の食生活は昔から比べて、どんどんと欧米化が進んでいる状況で、お米の消費量は減少していく傾向にあります。これは生活習慣につても、いろいろな欧米の生活習慣が定着していき、様々な所にその傾向が見られます。

もともと行われていなかった、結婚記念日のお祝いも欧米の生活習慣で、日本になかった習慣が定着しつつあります。
結婚記念日には夫から妻へ感謝の意を込めて、お祝いのプレゼントを行います。この習慣は、未だ日本では行われていても、定着しているほどでなく、これは妻へ贈るプレゼントの予算に現れています。

結婚記念日にかける予算の金額で最も多かった回答は、「プレゼントを贈らない」「お金をかけない」が最も多かったことです。つまり、結婚記念日にプレゼントは贈らないということです。

次いで多かった回答の金額は「10,000円以内」次いで「20,000円以内」「30,000円以内」「50,000円以内」「3,000円以内」「2,000円以内」「6,000円以内」という回答が得られました。

「プレゼントを贈らない」「お金をかけない」という回答の中には、旅行や食事をすることがこれに含まれていますので、広義の意味ではプレゼントに当たるでしょう。

ものを贈るかたちのあるプレゼントではなく、食事に出かけたりコンサートへ出かけたり、ディナークルーズに参加するといった、夫婦の時間を過ごす記念日の祝い方が多いようです。

何かものを贈るプレゼントでは、夫から妻へは「指輪」「旅行(海外、国内)」「花」「趣味のもの」の順に高い人気で贈られています。

妻から夫へは「腕時計」「紳士服」「靴」「趣味のもの」「旅行」の順にプレゼントされています。

また、子供から贈られる結婚記念日のプレゼントは、「旅行」「食事」「花」「趣味のもの」の順でプレゼントされているようです。
▼両親やパートナーには、ふわふわの『パジャマ』を
お世話になっている両親やパートナーには、あったかくてふわふわの『パジャマ』がおすすめ。
予想外の心温まるプレゼントは、きっと喜んでもらえますよ!

このサイトを購読する

お問い合わせ

このサイトに関するお問い合せや
相互リンクについては
info◇advancetop.net
までお願いします。
(◇マークを@に変更ください。)

 

RSS登録