結婚記念日の贈り物例

結婚記念日に贈るプレゼントとして、結婚45数年目の「サファイア婚式」から結婚60周年目の「ダイヤモンド婚式」に贈る、ふさわしいプレゼントを紹介します。
結婚45周年目以上になりますと、夫婦の生活も夫は退職し年金生活をされている方がほとんどでしょう。その中での結婚記念日に贈るプレゼントにについて考えてみます。
結婚記念日のお祝いにプレゼントする物として、結婚25周年目の「銀婚式」から結婚40周年目の「ルビー婚式」までの呼び方にちなんだ、贈り物を紹介します。

結婚記念日に贈るプレゼントとして、結婚14年目と15年目、さらに20年目にふさわしいプレゼントを考えてみます。

■結婚14周年「象牙婚式」
結婚14周年目は「象牙婚式」といい、象牙製品の贈り物を考えますが、現在はワシントン条約により象牙の輸入は禁止されています。その為に、象牙製品は希少価値が高く、現在ある象牙製品はワシントン条約で規制される前に取られたものや、象牙によく似た素材で作られた物があります。

結婚記念日のプレゼントに贈るものとして、イギリスでは結婚記念日を迎える年数によって、その年、その年の呼び方があり、その呼び方にちなんだ贈り物をします。
結婚4周年目の「花婚式」「書籍婚式」と、5周年目の「木婚式」に贈る結婚記念日ぼプレゼントについて考えてみたいと思います。

結婚5年目にもなると、生活にも少し落ち着きができて来ることでしょう。また、多くの夫婦は子供も授かりお育てと仕事の両立に忙しい毎日を過ごす頃になると思います。
日常が忙しく過ぎていきますと、結婚記念日をつい忘れてしまうということにもなりますので、忘れずに夫婦として生活しはじめた記念として、ふたりが家族となった記念日としてお祝いをしましょう。

それでは結婚6周年、7周年の結婚記念日に贈るプレゼントについて、考えてみたいと思います。結婚6周年は「鉄婚式」「砂糖婚式」といい、7周年は「銅婚式」「絨婚式」といいます。これにちなんだプレゼントについて考えてみます。

結婚記念日に贈るプレゼントとして、結婚8周年から結婚10周年の記念日にいふさわしい贈り物を考えていきます。

■結婚8周年「青銅婚式」「電気器具婚式」「ゴム婚式」
結婚8周年めの呼び方には、「青銅婚式」「電気器具婚式」「ゴム婚式」と三つの呼び方があります。青銅製のプレゼントはなかなか現在ではなく、工芸品などに限られるでしょう。その為に、もう一つの呼び方の「電気器具婚式」にちなんだ贈り物が、生活の中で使えて実用的なプレゼントになります。

結婚して10年を過ぎますと、おおくのふうふは生活も安定いてきて、子供は学校へ行き教育費などで出費がかさむ時期にあると思います。
結婚記念日にかける予算も多くかけられない頃になると思いますが、たくさん予算をかけずに祝うプレゼントもありますので、是非、参考にしてください。
それでは結婚記念日に贈るプレゼントとして、結婚11年目から13年目にふさわしいプレゼントを考えてみます。

結婚記念日に夫婦の間でプレゼントを贈ろうと考えて、何にしようか毎年悩んでいる方も多いことでしょう。
結婚記念日には記念日を迎える年数によって、その年、その年の呼び方があります。これは、イギリスの習慣でその年の記念日の呼び方の名前にちなんだものを贈るという習慣があります。

結婚15周年目までは毎年その名前がありますので、これを参考にされては如何でしょう。
それでは結婚1周年目の「紙婚式」から紹介します。

当サイトでは、Adsense広告のあるサイトや外部サイトの閲覧状況に応じて、ユーザー様に興味のある広告を配信しています。
詳しくはこちら(興味/関心に基づく広告-AdSenseヘルプ)をご覧ください。       結婚記念日プレゼント
▼両親やパートナーには、ふわふわの『パジャマ』を
お世話になっている両親やパートナーには、あったかくてふわふわの『パジャマ』がおすすめ。
予想外の心温まるプレゼントは、きっと喜んでもらえますよ!

このサイトを購読する

お問い合わせ

このサイトに関するお問い合せや
相互リンクについては
info◇advancetop.net
までお願いします。
(◇マークを@に変更ください。)

 

RSS登録