結婚記念日の贈り物例

スポンサードリンク

結婚6〜7周年目のプレゼント

結婚5年目にもなると、生活にも少し落ち着きができて来ることでしょう。また、多くの夫婦は子供も授かりお育てと仕事の両立に忙しい毎日を過ごす頃になると思います。
日常が忙しく過ぎていきますと、結婚記念日をつい忘れてしまうということにもなりますので、忘れずに夫婦として生活しはじめた記念として、ふたりが家族となった記念日としてお祝いをしましょう。

それでは結婚6周年、7周年の結婚記念日に贈るプレゼントについて、考えてみたいと思います。結婚6周年は「鉄婚式」「砂糖婚式」といい、7周年は「銅婚式」「絨婚式」といいます。これにちなんだプレゼントについて考えてみます。


■結婚6周年「鉄婚式」「砂糖婚式」
結婚6周年は「鉄婚式」といわれ鉄製品のプレゼントを贈ります。鉄製品で一般的なものでは、鍋や包丁と行ったキッチン用品が人気があります。妻への贈り物としては毎日使うものなので、最適なプレゼントになるでしょう。特に料理に使う包丁は、「未来を切りひらく」という意味があり、縁起の良い物として好まれていて、様々な包丁が揃ったキッチンセットはオススメのプレゼントになります。

また、6周年目は「砂糖婚式」とも呼ばれていて、お砂糖にちなんだ物としてお菓子のプレゼントも喜ばれています。
最近は、いろいろなスウィーツが売られていて、インターネットでも人気の商品です。人気のスウィーツをお取り寄せするのもよいでしょう。


■結婚7周年「銅婚式」「絨婚式」
結婚7周年目の「銅婚式」は、銅製品にプレゼントが限定されますが、「鉄婚式」と同様にキッチン用品が人気になっています。贈られるものとしては銅製の鍋やティーポットが人気でプレゼントされています。
銅製品の鍋は、アルミやステンレスの金属に比べて熱が伝わりやすく、熱容量が非常金属です。また、熱が均等に伝わりますので焦げ付きにくく、まろやかに料理ができます。
結婚7周年は「絨婚式」とも呼ばれていますので、毛織物のプレゼントもよいでしょう。

▼両親やパートナーには、ふわふわの『パジャマ』を
お世話になっている両親やパートナーには、あったかくてふわふわの『パジャマ』がおすすめ。
予想外の心温まるプレゼントは、きっと喜んでもらえますよ!

このサイトを購読する

お問い合わせ

このサイトに関するお問い合せや
相互リンクについては
info◇advancetop.net
までお願いします。
(◇マークを@に変更ください。)

 

RSS登録