結婚記念日の贈り物例

スポンサードリンク

結婚14~20周年目のプレゼント

結婚記念日に贈るプレゼントとして、結婚14年目と15年目、さらに20年目にふさわしいプレゼントを考えてみます。

■結婚14周年「象牙婚式」
結婚14周年目は「象牙婚式」といい、象牙製品の贈り物を考えますが、現在はワシントン条約により象牙の輸入は禁止されています。その為に、象牙製品は希少価値が高く、現在ある象牙製品はワシントン条約で規制される前に取られたものや、象牙によく似た素材で作られた物があります。

象牙製品では実印などの印鑑や、アクセサリーのイヤリングやネックレスが人気のプレゼントになっています。
象牙製品は価格も高価なので、予算に応じてプレゼントを考えましょう。


■結婚15周年「水晶婚式」
結婚15周年は「水晶婚式」といいます。水晶、つまりクリスタルはアクセサリーなどの装飾品として高価なものですが、これに似せたクリスタルガラスの製品は、最近、かなり買いお求めやすくなっています。クリスタルガラスは通常のガラスよりも透明度と屈折率が高く、その輝きの美しさからから水晶のクリスタルの名が付けられています。
美しいクリスタルガラスの製品も、プレゼントに人気の商品になっています。


■結婚20周年「磁器婚式」
結婚15周年目から20周年目まで記念日の呼び方には、間が空いています。その後20周年から結婚60周年の「ダイヤモンド婚式」までは、5年おきに名前が付けられています。
結婚20周年の「磁器婚式」には、磁器にちなんだ物を贈ります。

磁気と陶器には厳密には違いがありますが、一般に叩いた時に金属音を発する陶磁器を指しているようです。
日本の磁器で有名な物では、有田焼(伊万里焼)や九谷焼が有名です。結婚20周年目を祝うプレゼントとして、有田焼(伊万里焼)や九谷焼の什器を夫婦で揃えては如何でしょうか。

▼両親やパートナーには、ふわふわの『パジャマ』を
お世話になっている両親やパートナーには、あったかくてふわふわの『パジャマ』がおすすめ。
予想外の心温まるプレゼントは、きっと喜んでもらえますよ!

このサイトを購読する

お問い合わせ

このサイトに関するお問い合せや
相互リンクについては
info◇advancetop.net
までお願いします。
(◇マークを@に変更ください。)

 

RSS登録