結婚記念日の祝い方

スポンサードリンク

結婚記念日の日本での祝い方

結婚記念日を祝う習慣はイギリスから始まったもので、そもそも日本にはこのような習慣はありませんでした。日本でこの習慣が取り入れられるようになったのは、明治時代中頃に当時の明治天皇が結婚25周年の銀婚式を祝ったことが始まりとされています。


その後に庶民の間でも行われるようになりました。
結婚記念日を祝う習慣のあるイギリスでは、結婚1周年目から15週面目までは毎年祝い、その後
20周年目から60周年目までは5年おきに、その後は75周年目まで間が空きます。

しかし、日本ではイギリスのように毎年結婚記念日を祝うことはせずに、25周年目の銀婚式や50周年目の金婚式を行う程度で、毎年、結婚記念日を祝う夫婦は多くありません。

また、結婚記念日として祝う場合、日本においてはイギリスの習慣にこだわらず、5周年目や10周年目のように数字で節目になるような年に結婚記念日をお祝いします。そのお祝いにプレゼントを贈る習慣もそれほど強くなく、習慣にならって記念日に付けられた名前のものにちなんだ贈り物をすることも、あまり行われていません。


日本で行われる結婚記念日のお祝いは、5年、10年と言った節目の年に、結婚記念日の祝いとして家具や家電製品、調度品を取りそろえることが行われます。
この他では、家族の子供から夫婦の結婚記念日を祝って、御食事や旅行のプレゼントを行います。

日本においては、子供に対す祝い事はいろいろたくさんありますが、夫婦の祝い事は特に行われていません。結婚祝いについても夫婦で祝い合うことも少なく、夫婦が高齢になって孫がたくさんできた頃に、子供や孫から金婚式の祝いとして、旅行をプレゼントされているようです。

▼両親やパートナーには、ふわふわの『パジャマ』を
お世話になっている両親やパートナーには、あったかくてふわふわの『パジャマ』がおすすめ。
予想外の心温まるプレゼントは、きっと喜んでもらえますよ!

このサイトを購読する

お問い合わせ

このサイトに関するお問い合せや
相互リンクについては
info◇advancetop.net
までお願いします。
(◇マークを@に変更ください。)

 

RSS登録